本文へスキップ

歌え!青春 大手に集う若人たち!  

家政科よりCourse in domestic science

平成30年度の活動はこちら

令和元年度

  • 9月

家庭クラブ「米袋バッグ」
 家庭クラブでは平成27年度より、使用済み米袋で作ったバッグの研究と製作を行っています。きっかけは、本校卒業生の栄養士さんからお話をいただき、高校生のアイディアで米袋バッグに工夫を加え、普及を目指そうと考えたからです。そこで初年度は、作り方を学ぶため、手仕事工房の方から、基本の米袋バッグ作りを学びました。材料の米袋は、JA越後ながおかの倉庫からいただきました。




 家庭クラブ員が作り方を習い、ミシンで仕上げた米袋バッグを、地域の方はどのように感じるのでしょうか。
 その調査のため、JA越後ながおか産地直売所に米袋バッグの展示をお願いしたところ、販売して欲しいという問い合わせがありました。そこで、店長さんのアドバイスもあり、エコバッグ感覚で新米とのセット販売を行いました。使用済み米袋バッグを普及する活動の、第一歩となりました。




 ミシンで仕上げた使用済み米袋バッグの販売は好評でした。その反面、課題も見えてきました。
 一つ目は、使い心地と耐久性です。今回販売した米袋バッグは持ち手が長く、小柄な人は引きずってしまいます。そして、10kg以上の荷重では、ミシンの縫い目で切れてしまいました。
 二つ目はデザイン性です。県外の方への贈答用には適するが、長岡市内で持ち歩くのは恥ずかしい、というアンケート回答がありました。米袋普及のためには、これらの改善が必要です。






  • 5月

 令和元年5月28日(火)、3年生「課題研究」で管理栄養士の古川素子先生より、新潟県の郷土料理である笹団子とちまきの作り方を教えていただきました。




                        



 令和元年5月9日(木)、家政科の1〜3年生が集まり、学校家庭クラブ総会・集会を開きました。本校で行っている家庭クラブ活動の紹介や、今年度の事業計画および予算案を審議しました。







 5月8日「課題研究」で、管理栄養士の古川素子先生より、新潟県の郷土料理である笹団子・ちまきの作り方を教えていただきました。

  

  



 5月2日(水)、1〜3年生の家政科が集まり、学校家庭クラブ総会・集会を開きました。本校での活動の様子を紹介したり、今年度の事業計画や予算案を審議しました。

  



     

newpage1.htmlへのリンク